戯れ散歩

”遊び”について、考えていきたい次第。

ものづくりと掃除

 

私の親は2人とも美大出身で、仕事も自営でものづくり系の仕事をしています。

そんなこともあって、昔からものづくりは身近なところにあって、そういうのを横目で見ていたり感じていたのは大きかったです。

それが鬱陶しい時も多々ありましたが。

というか、父親のこと、そんなに好きじゃないのですが、そんな父の言葉でも特に心に残っているものがあります。

「とにかく掃除しろ」というものです。

散らかっていたり、汚れている環境で良い作業などできないということです。

とても当たり前のことです。

当たり前なのですが、思いの外、少し作業で環境というのはとっ散らかるものなのです。

特に慣れない作業だとなおさら。

1つ作業を終えたら掃除、また終えたら掃除と、とにかく隙があれば掃除します。

掃除を溜めてしまって、大掃除になってはいけません。

規模が大きくなると、どう掃除すればいいかがわかりにくくなりますし、なによりものづくりのテンポ感が崩れてしまいます。

一気に集中して作りたい気持ちもありますが、だからこそ、合間合間に掃除を差し込まないといけないのです。

そうすると、合間の掃除がいい感じの休息のひと時になったりします。

 

私はがさつで、繊細な作業とか苦手なのですが、だからこそ掃除に力を入れているところがあります。

ちゃんと環境が整っていれば、多少勢いまかせでいっても転ぶ心配が減りますから。

父のことは正直今だに気に食わないのですが、仕事の中でせっせこ掃除しながら真剣な顔で、体を丸めて一つ一つ丁寧にものを作っている様子は、今でも私のものづくりの姿勢の見本となっています。

これからも大切にしたい心構えです。